まてぃおぅの節操のない趣味ブログ

まてゅー'sプロレスBlog

主にWWE、新日本界隈についての妄想ストーリー等を書いています。たまに、自分の思ったことを吐きます

[wwe2k19]PPV Clash of the Champions ~matchcard~[ユニバースモード録]

f:id:matheow26:20200913183451j:plain


こんにちは!


まてゅーでーす


今回は、週末に
Smackdown単独で開催される

Clash of the Champions』のマッチカード回です!


なお、年末と言うことでいつも週末にお送りしています

『Champion's Weekend』はお休みとなります。ご容赦ください







例の如く、この記事のみ目次でネタバレしないようにしてます

PPVマッチカード回でお馴染みの大会テーマソングはコチラです。↓

Champion / Moosh&Twist

でございます!『205LIVE』からこの方々の曲を聴くようになり少し前によく聴いていた一曲です。

以上、自分語りでした^^;





KICKOFF第1試合

女子タッグ王座戦
アイコニクス(c) vs ナオミ&???
f:id:matheow26:20200913184332j:plain


2019年最後のSDにて、

友人とタッグを組んで王者組に宣戦布告をしたナオミ


このところ、起用機会に恵まれなかった彼女は、当日のサプライズで結成するタッグで

ブラスリングを掴むことはできるのか??


ぎ…ギリギリモザイク()なのでバレバレですが、またそれもご愛嬌ってやつで^^;



第1試合

カーメラ VS ベッキー・リンチ
f:id:matheow26:20200913185059j:plain


この番組の女子部門を半年近く牛耳っていたカーメラ。。


彼女の横暴で自分勝手な振る舞いを受けつづけていたベッキーが、

今度こそぶちのめす!と王座戦を終えたカーメラを襲ってこの試合が組まれる次第に。


そして、試合形式をサブミッションマッチと勝手に指定したが

公式Twixxerや番組でのアナウンスが放送終了後にも無いため、公式決定ではない模様…(?)


(とりあえず、リハでこの試合を組んでみたところ技が限られて誰が見ても酷いと思える凡戦となったためコチラは未定です(笑))



第2試合

US王座戦
ジョン・モリソン VS ダニエル・ブライアン(c)
f:id:matheow26:20200913192251j:plain


ミズ&モリソンのどちらかが挑戦する、と予定されていたUS王座戦

直前回ではミズが現れて王者ダニエル・ブライアンと口論していたが、それを終えた直後に

GMシェインのもとに、ミズ&モリソンがやってきて

正式にモリソンが挑戦することに!!



画面上に表示はされていませんが、もちろん相方ミズもセコンドに就くとのことで、、、


f:id:matheow26:20200913192955j:plain


それがどのように影響するかは分かりませんが、どちらが王者として新年を迎えるのかご期待ください(マグロ


第3試合

タッグ王座戦
ザ・バー VS ニューデイ(c)
f:id:matheow26:20200913192936j:plain


(ささやかなバグにより、画像は王者組と挑戦者組反対になってます^^;)


サバイバーシリーズにて、見事RAWの人気ユニットロットン・シールド

撃退したニューデイの3人。


そして、その翌週に組まれたタッグ王座戦に快勝!!


そこから王者組は約3週間のリゾート休暇を取得して出番はなかったものの


敗れた前チャンプ、ザ・バーが大暴れ!!

ベルトは失ったものの、ウーソズ、TM-61と次々に番組内のタッグチームを倒し、挑戦のチャンスを再びもぎとる!!


果たして休暇明けの絶好調ニューデイ、

そして敗れてなお、ギラついているコチラも絶好調ザ・バー。


どちらがこのブランドのトップに君臨するのか、こうご期待です☆



第4試合

女子王座戦!
アスカ VS ペイジ(c)
f:id:matheow26:20200913193822j:plain


(正直、こちらをサブミッションマッチにするべきだったかもしれません…)


前王者カーメラからマネバン権利を使い、見事王者となったペイジ
(マネバン権も元々はハリウッド女優のマーゴット・ロビーが所持してました。その辺の経緯はHIACを要チェック)


そして、そのリマッチをも制し、挑戦者として立ちはだかったのはアスカ!!


しかし、直前回ではかつてのペイジの仲間であったソーニャ・デビルにストレート負けを喫したアスカ。。。


挑戦内定後の前哨戦から幸先悪いスタートではあったが、PPVでは本領発揮できるのだろうか。こちらも乞うご期待!

f:id:matheow26:20200913200720j:plain


(たしか、私がこのブログを始める前にぷんちゃ様のブログのサマースラムで行われた組み合わせで、

これは見たい!と思っていたカードの1つだったので遅めのパクリオマージュです…^^;)



第5試合

クリス・ジェリコ VS EC3
f:id:matheow26:20200913200659j:plain


サバイバーシリーズ。

そこで行われたシェインvsジェリコの両者の進退をかけた一戦に

傭兵エリック・ヤング、そしてNXT所属であったはずのEC3が介入し試合をぶち壊す。。。


そして、翌週からEC3はシェインと結託し、王者となったアンドラ


そして不気味な存在であるブラジオン・ブラザーズを仲間に率いて

自らを『上級国民(Upper-class Citizens)』と名乗るユニットを結成!



GMを務めるシェインの職権濫用により、毎週のように痛い目に遭い続けるジェリコ

再びシェインとの試合を希望していたものの、電撃参戦してきたEC3が対戦相手に名乗り出て


この試合が組まれる運びとなった。。。


(時間軸が前後しましたが、たしかEC3さんが挑戦表明をしたのがサバシリ明け1週目でしたよね、たしか)


そして、しれっとこの試合3本勝負です!(笑)



第6試合

WWE王座戦
アンドラデ(c) VS ジョー VS ジェフ VS AJスタイルズ
f:id:matheow26:20200913201559j:plain


こちらもサバシリのメイン終了直後に、

保持していたマネバン権利を行使してベルトをもぎとったアンドラの初の防衛戦です!


GMシェイン、EC3からのアプローチを受け、上級国民入りし


AJ、そしてジョーとの防衛戦を後回しにしていると、

復帰したジェフに痛恨のストレート負けを喫し


挑戦候補者を自ら増やしてしまう悪手をとってしまったアンドラデ。

その後も、「王座戦は中止、シングルにせよ4WAYにせよ無いものとする!」と暴挙に出たが


挑戦候補の3人のWEB署名活動、そして番組の人気や収益を懸念したGMシェインの苦渋の選択、

その後に行われたジョーとの一戦にまさかの敗戦、によって



初の防衛戦から3人全員を相手することに。

いっぺんに料理できる、と余裕げに語った王者であったが、このメンツと一度に相対し

防衛することはできるのか。。。(不安





さあ、今週末(現実時間ではおそらく翌月ですが)のPPVは


以上、キックオフ1試合、本編6試合の計7試合を予定してます!



。。。。若干のカードと抗争の弱さ、は私自身感じてしまってますので


当日元気があれば、製作者のわがままで1~2試合増えているかもしれませんので、なにとゾ。



f:id:matheow26:20200913203542j:plain


ってなことで、、、



今回は、さらにもう一つ。誰も興味が無かったであろうことに触れます。

特別企画!

アイキャッチ画像採用ランキング!!!



「?」


と思われた方も多いでしょうが気にせず進みます。←


特に面白いものではない&画像も少なめなため、ぐだーっと書きます。

軽い気持ちで眺めててくださいw


アイキャッチ画像(サムネイル)とは、投稿した記事のタイトルとともに表示されている画像のことなんですねー。


f:id:matheow26:20200913203223j:plain

↑の画像で言うと、各記事の左側に表示されてますよね。コレのことです。^^;



特に設定をしなければ、基本的に記事中の最初に貼られた画像が採用されてしまいます。。。


このことに気が付いたのが、たしか昨年の11月ごろでした…(小声


それからは何となく、それっぽい画像が表示されるよう設定しています。(謎カミングアウト)



まぁ、そんなこんなで


過去私のブログで投稿された『ユニバースモード録』カテゴリー内の

全298記事(この記事含む)


を集計し、(ざっと眺めてカウント)



この採用数を、カンタンにランキング形式にして発表いたします!!



あっ、ただ特に採用の多かった、(上記の仕組み上そうならざるを得なかった)


「番組ロゴ」については除外します。


念のため、公表しておくと

ダントツの1位になっちゃいまして…、50回/298回でした笑


%にすると、大体16%の割合で「番組ロゴ」がアイキャッチになっていました。


こんなグダグダ具合で、ざざっと採用回数の低い方から発表していきます。

(あっ!ちなみに、判断の基準としては画像内に居れば1カウントしてます。)

(そして、観客については「観客オンリー」の場合以外はノーカウントとしてますz)




<採用回数 1回>(以下、敬称略)
・ボー・ダラス
・カーティス・アクセル
・ハーパー
・ローワン
・ラナ
・ジミー・ハボック
・識別不能(19.5.2更新の『RAW #9part1』)
・ジェームス・ドレイク
・ゴールダスト
・デイブ・マスティフ
・タイラー・ベイト
・グラン・メタリック
・カルマ
・ペイジ(女子)
・イオ・シライ
・エイデン・イングリッシュ
ウィル・オスプレイ
ジェフ・ハーディー
棚橋弘至
・ダナ・ブルック
・マット・ハーディー
・ノーウェイ・ホセ
アリーヤ・デバリ
ボビー・ラシュリー
・マリース
カリスト
イリヤドラグノフ
・ライノ
・リア・リプリー
・シェイマス
・セザーロ
・ババレイ・ダッドリー
ディーボンダッドリー
・タイラー・ブリーズ
・ナオミ
高橋ヒロム
・サーシャ・バンクス
・SHO
・YOH
・KUSHIDA
・ラーズ・サリバン
ティーガン・ノックス
・ミア・イム
・トニ・ストーム
・リゲロ
ロンダ・ラウジー
・エンバー・ムーン
サモア・ジョー
・ジョン・モリソン
・エグザビア・ウッズ
・コフィ・キングストン
・ゼリーナ・ベガ
・エイカ
・レイザー
・キャメロン・グライムス
・オニー・ローカン
石森太二

以上57名…です。これしか集計結果の発表方法を思いつかず、すみません(笑)


とりあえず、サムネイルで写っていて確認できる方のみカウントしてます。なので、


ウッズとコフィは分かったけれども、ビギーが写ってナイネということで、彼は0回でした…

それに、作中登場していないはずのゴールダストもカウントされましたw(いつかのRAW記事です)



<採用回数2回>
・ベイリー(♀)
・タイ・デリンジャー
・セドリック・アレキサンダー
・ニック・ミラー
・シェイン・ソーン
・マーティー・スカル
・クリス・セイビン
戸澤陽
・トラヴィス・バンクス
・ソーニャ・デビル
・マンディ・ローズ
シャーロット・フレアー
マーゴット・ロビー
・ニッキー・クロス
・エンツォ・アモーレ
・イライアス
・ジョーダン・デブリ
トレントバレッタ
マイケル・エルガン
飯伏幸太
カール・アンダーソン
・ドク・ギャローズ
カイル・オライリー
・ボビー・フィッシュ
・ワイアット・ルーレット(NXT#12part2, RAW#17part1.5)
(↑ワイアットの入場に使用される『ワッ!』のとこで映される様々な画面のことです(笑))
石井智宏
・ノアム・ダー
・ハンソン
・レイモンド・ロウ
・レイシー・エバンス
シェイナ・ベイズラー
・ジェイソン・ジョーダン
・タイチ
ジェイ・ホワイト
・キース・リー
ブラウン・ストローマン
カーメラ
・モンテス・フォード
ランディ・オートン
・ヒース・スレイター
・レイ・フェニックス
・ペンタ・セロ・ミエド
・ダニエル・ブライアン
・SANADA
ジョン・シナ
・フラッシュ・モーガン・ウェブスター

以上46名でした…

売れっ子から、あまり起用されない選手まで幅広く居ましたね…

印象だけで言えば、ワイアットの入場の切り替え画面(ワイアットルーレットのことです)は、

もっとアイキャッチに使っていた印象でした。



<採用回数3回>
・ザック・ライダー
・AJスタイルズ
ペイトン・ロイス
ビリー・ケイ
・ベルベティーン・ドリーム
・観客オンリー
・ムスタファ・アリ
・ルビー・ライオット
・サラ・ローガン
タンガ・ロア
・EVIL
・ジョニー・ガルガノ
・ザック・セイバーJr
タマ・トンガ
アンドラデ・シエン・アルマス
・ネヴィル
内藤哲也
鷹木信悟
・サミ・ゼイン
ケビン・オーエンズ
・EC3
・バディ・マーフィー
アレクサ・ブリス

以上23名でした。。。

ほんとに、Excel形式にしてワンクリックで、データに飛ぶ仕様にすべきでした…

しかし、ここでそうしないのがワタクシなりのブログなんです(苦笑


さてさて、ここで画面にお客さんしか写っていないパターンが登場しました。


そして、マーフィーやスタイルズ、ライオットなど私のお気に入りの選手らも多数。


この書く側も読む側も苦行であろう行いも、ようやく大体出尽くして

残るところはあと20名程度。



<採用回数4回>
フィン・ベイラー
ベッキー・リンチ
・ピート・ダン
・チャック・テイラー
・ディーン・アンブローズ
・バロン・コービン
・ボビー・ルード
・ジェイ・リーサル
丸藤正道
・ジャック・ギャラハー
・ドリュー・マッキンタイア
・トマソ・チャンパ
ブロック・レスナー

以上13名です!!

いやー、さすがに出番の多い方ばかり^^;

チャッキーとリーサルはBCWのG1のパクリ企画で回数が増えました。

あともう少しです!



<採用回数5回>(第3位)
カイリ・セイン
セス・ロリンズ
アスカ
アルベルト・デルリオ
ロデリック・ストロング
クリス・ジェリコ
ハングマン・ペイジ
ケニー・オメガ

以上、8名でした!

5回もサムネに写っているということは、よほど重用されているor

どこかの番組のOPに写り込んでるのか、、、


こちらが今回のランキグンの3位となりました。

さっさといきますよ~


<採用回数6回>(第2位)
アレイスター・ブラック
リヴ・モーガン
アダム・コール
中邑真輔


以上、4名でした!!

いや~、濃いですしもはや推しですわ(意味不明)




次!!!



1位の面々、誰だと思いますか???





<採用回数7回>(第1位!)
ブレイ・ワイアット
f:id:matheow26:20200913214205j:plain
(画像はルーレット中なんですが、ハッキリと写ってますのでワイアットでカウント。)


ロマン・レインズ
f:id:matheow26:20200913214219j:plain


ザ・ミズ
f:id:matheow26:20200913214303j:plain


各種ベルトどアップ
f:id:matheow26:20200913214319j:plain


会場その他
f:id:matheow26:20200913214517j:plain



でした!!


お疲れ様でした!にしても、ベルトのどアップや会場の花火その他に並ぶ回数

採用された3名は、This is 主人公ですね。。。(感嘆)


ただ、ですね。。。水を差すようなことを言うんですが…


カウントの結果、除外していない方で真の単独1位が居たんです。。。


ただ、つまらないため7回登場の彼らが1位である、というふうにしました(笑)


ちなみに、それはお察しのとおり


採用回数11回の

レフェリーでした!!!



チャンチャン


以上!!!!